Contents

カウンセラーの経歴

カウンセラーの経歴、心掛けていることをご紹介いたします。

資格

LCA認定婚活カウンセラー
宅地建物取引士
東京商工会議所ビジネス実務法務検定準1級

COME TO LIFE開業までの経歴

1987年 
大学卒業後、経営コンサルタント会社に就職。最初の任地は神戸。人事制度構築・階層別教育訓練・市場調査・新規事業開発・業務効率化・新規事業創出・経営戦略策定等の企画提案営業に従事。
行動科学のほか、交流分析、論理療法、アドラー心理学、トランスパーソナル心理学等を学びました。

1993年
経営コンサルタント企業での経験を企業内で生かしたいと考え、流通・不動産保有企業へ転職し、人材開発部専任担当を務めた。自社営業店舗のマニュアル整備、教育訓練、店舗閉店時の従業員交渉、再就職支援、債務処理、新店開業のための採用、教育訓練、開業支援等にも従事。

1996年
人材開発部が休止状態となったことをきっかけに、不動産企業に転職。主として事業用不動産・不動産投資畑を歩む。外資ファンドの不良債権担保不動産取得の支援、不動産企業の担保不動産売却等に関わりました。

2005年
上場投資法人の資産運用会社((投資顧問業)へ出向、8年間投資運用部長(金融庁への届け出が必要な重要な使用人)を務める。約1,000億円の資産を取得するほか、行政検査項目である「資産取得マニュアル」の整備、新投資口発行(増資)3回、証券取引等監視委員会の入検を経験。

2013年
出向解除帰任、事業用不動産の取得・売却・仲介・株式売買による開発用地の取得・開発、約300億円の建築工事の発注者の地位譲渡、太陽光発電用地の手当て、農地の転用手続き等に従事するほか、自社売買不動産契約書のリーガルチェック、社内の金融商品取引法、犯罪収益移転防止法への対応等コンプライアンス施策を立案実施。1996年の入社より退職までの間、約2000億円の不動産取引に関わりました。

2023年
雇用延長せず定年退職。不動産から離れて新しいことをしたいと考えIBJ加盟、COME TO LIFE開業。

結婚相談所を通じて結婚したい方の『願いをかなえる』

ヴィパッサナー瞑想(マインドフルネス)を15年ほど続けています。

ヴィパッサナー瞑想は、能力開発プログラムとしても活用されています。
呼吸に注意をむけ、体の動きに対する気づき(サティ)を言葉にして認識(ラべリング)します。一瞬一瞬移り変わる体の動きに、サティとラベリングが途切れることなく随伴してゆくことが出来るようになると、集中力と観察力が飛躍的に高まります。集中力と観察力が飛躍的に高まると心の感覚、心の動きを観ることが出来るようになります。心の感覚、心の動きを見ることが出来るようになると、自己のパフォーマンスを妨げる悩み苦しみの正体が見えるようになり、悩み苦しみから解放されます。

ヴィパッサナー瞑想のストレスマネジメントとしてのメカニズム。
身体と心に生じたものを生じたと観てラベリングすることで、思考が過剰に反応することを排除します。思考が過剰に反応することを排除することで、心が気ままに活動することを防ぎます。心が気ままに活動しなければ心に不安や悩みは生じず、心は疲れず落ち着きが得られます。
心が疲れず落ち着きを得ることでストレスマネジメント、集中力向上によるパフォーマンスの向上が期待できます。

「あなたの願いがかなえれられますように」の意味
ヴィパッサナー瞑想では、瞑想の導入として「慈悲の瞑想」を行います。
慈悲の瞑想は、まず自分の幸せを願い、次に自分の幸せを願う心を他者にも拡げてゆく瞑想です。
「あなたの願いがかなえれられますように」は「慈悲の瞑想」の考え方です。


to top